人気ブログランキング |

カテゴリ:施工中住宅レポート( 8 )

I 様邸 完成内覧会レポ

内覧会多数のご参加ありがとうございました。
天気もよく無事内覧会開催することができました。
何枚か写真をとってきましたので、UPしておきます。

I 様邸 完成内覧会レポ_a0073775_1762549.jpg

南側外観
I 様邸 完成内覧会レポ_a0073775_1763612.jpg

LDKと和室
I 様邸 完成内覧会レポ_a0073775_1764320.jpg

和室から日野山の眺め
by yamazakikoumuten | 2006-08-30 22:10 | 施工中住宅レポート

8/19  お掃除&完成内覧会決定!

今日は、I 様邸のお掃除をお掃除日です。
引渡し前にハウスクリーニングの業者さんが入ってキレイにしてくれるのですが、
家に傷がつかないように敷いていた養生をはがす時に会社で掃除を行っています。
写真の床に張ってあるのが養生シートです。
8/19  お掃除&完成内覧会決定!_a0073775_2143267.jpg

ドアもきれいにまとまった色に仕上がりました。
収納の杉の板張りもチラリと見えています。
来週には、完成内覧会も決まりましたw
更地だったI 様邸予定地についに完成しました。

8/19  お掃除&完成内覧会決定!_a0073775_21483591.jpg

↑ 4月末 I 様邸予定地 
来週末は、是非 完成したI様邸を見に来てください。
by yamazakikoumuten | 2006-08-19 21:40 | 施工中住宅レポート

8/11 クロス張り

大工さんの木工事もほとんど終わりクロス張りに入っています。
壁の下地となる石膏ボード(セッコウボード)施工時にできるビス穴をパテで埋めていきます。
その後、Iさまが、夫婦で選んだクロスを張っていきます。
壁仕上げは、クロス部分と水周りの耐水ボード、パネル系、収納系は杉の板張りなどを採用しています。
写真に写っているリビング壁面収納は松下電工商品のキュビオスを使いました。
収納棚を自由な形で施工できたり、収納扉の色を変えることでインテリアとしてもまとまりやすくおすすめ収納です。中央部分がTVボードになっています。

8/11 クロス張り_a0073775_21231035.jpg

↑キュビオス

杉板張りは、端部が凸凹になっているので組み合わせて施工していきます。少々難しい木工事で大工さんもたいへんだったのでわw
上部吊り下げ棚も大工さんに作ってもらいました。
桐板を使った収納も和室などに使用しました。
桐は有名な材料で、湿気に強いため収納などでよく使っています。私の部屋のクローゼットも桐ベニアで仕上げています^^
洗面所にヒノキの板張りを使用したりもします。

8/11 クロス張り_a0073775_21233066.jpg

↑収納壁 杉板張り
 
お盆明けには完成しますのでとても楽しみです^^




by yamazakikoumuten | 2006-08-01 21:06 | 施工中住宅レポート

鯖江市 I 様邸 no.5  筋交

5月22日  筋交設置 

建て方も無事終わり、筋交をいれていきます。

柱と柱の間にクロス、斜めに入っている部材が筋交です。
筋交の入っている壁を耐力壁と言います。建築基準法により筋交量、バランスよく入っているかなど、が決められています。
筋交はクロスにすることで斜めだけに対して2倍の強度を持っています。金物を使用することでさらに強度が増します。
セットで設置していくのが普通です。入っていないとダメです。
今、住まいを建築中の方は一度、金物はちゃんと入っているか、筋交がバランスよくはいっているか一度見てみるといいですねw
天気も良いですし瓦も葺き始めています。

鯖江市 I 様邸 no.5  筋交_a0073775_18104926.jpg

by yamazakikoumuten | 2006-05-22 22:10 | 施工中住宅レポート

鯖江市 I 様邸 no.4  上棟式 建方

5月19日  上棟式 建方


いよいよこの日がやってきました。

前日の天気予報ではだったのですが、朝から晴天に恵まれました。

家づくりでもっとも忙しく、たくさんの業者さん、大工さんが入って建前開始です。

まずは土台に1階管柱、通し柱を設置していきます。傷がつかないよう慎重に!

柱を設置しましたら、胴差(ドウサシ)、梁 をクレーンで吊って通し柱、1階柱にはめ込んでいきます。
名前の通り住宅の腰の部分です。

鯖江市 I 様邸 no.4  上棟式 建方_a0073775_148782.jpg



鯖江市 I 様邸 no.4  上棟式 建方_a0073775_1492813.jpg



次に2階の床を作ります。構造用合板を敷いていきます、火打ち張り、根太、金物も同時にしっかり取り付けしていきます。 
2階床の下地となる材料にはいろいろなものを使います。
2階床で大切なこと1階に音が響かないようにすることです。
2階に家族の部屋や寝室をプランすることが多いためいろいろな音が1階に響いています。
そのため業者によっていろいろな方法を試しています。
防音効果のある床材、24mm合板、合板+タイガボードの2枚引き、その他いろいろ
最近多くなっているシアタールームなどをプランに取り入れる方は一度床下地についても聞いてみるといいですねw

話がずれました・・・・
2階合板を敷いたら次は2階柱の設置、1階同様しっかり梁に接続していきます。
次に、小屋梁(2階梁、屋根の骨組み)をクレーンで吊り上げ、しゃりきさん、大工さんで設置。
屋根部分の構造を作っていきます。
屋根の下地となる垂木を打っていきます。とても重要な部分ですので5寸釘1(5センチ)の釘をうっていきます。
垂木が打ち終わったら裏板、合板を打ち付けていきます。
ルーフィングを瓦屋さんがはって本日の建方は終了です。
大体の建方が、屋根にルーフィングを1日で張れるように仕事をします。

無事、建て方が終わり明日からは、筋交を入れていきます。
I様邸は特に筋交の多い耐震住宅ですので、大工さんに頑張ってもらわないといけませんね。
by yamazakikoumuten | 2006-05-20 12:34 | 施工中住宅レポート

土台打ち  518

5月18日 土台打ち

ベタ基礎コンクリートもしっかり固まりましたので、今日は土台打ちに入りました。

ここからは、大工さんが入り家を支える土台を設置していきます。
基礎から出ているアンカーボルトに合わせて、土台に穴を開け通していきます。

アンカーボルト=基礎と土台、柱を緊結する重要な金物です。

土台の穴から出ているアンカーボルトに柱をそえてホールダウン金物でしっかり取り付けしていきます。

足場の準備も始まりいよいよ建土台打ち  518_a0073775_2348362.jpg方の日に近づいてきましたねw
by yamazakikoumuten | 2006-05-18 12:31 | 施工中住宅レポート

コンクリート打設  0510

5月10日  コンクリート打設 

コンクリート打設いたしました。
天気も良く職人さんたちも汗を流しながらやっていました。

配筋、型枠は先日確認し、今日はコンクリートを流し込みます。
打込み前には、配筋、型枠、配管、埋め込み物などの検査を行います。
コンクリートは、スランプ値試験、空気量試験、などの検査を行い基準値を超えていることを確認してから打込みにかかります。

硬ければいいと言うわけではなく、程よい硬さが質のいい基礎をつくります。

私も建築を始めたころは固ければ丈夫なものになるとばかり思っていました・・・・

コンクリートの品質は鉄筋の錆び、空気層ができるなど
住宅の重要な基礎の寿命を左右します。
そのためにも、しっかり検査して打ち込みに入っています。

今、お住まい建てようとしている方で、
コンクリート打設を見に行く機会がありましたら、一度見に行くと新たな発見があるかも^^

なにわともあれ、無事終了しました。

1週間ほど養生期間をおき、土台の設置に入ります。コンクリート打設  0510_a0073775_23205894.jpg
by yamazakikoumuten | 2006-05-10 12:30 | 施工中住宅レポート

配筋検査 0508

5月08日 配筋検査
配筋検査 0508_a0073775_0514384.jpg


鉄筋が図面通り設置されているのか検査しています。

土台の乗る部分は立ち上がりとし鉄筋もしっかり入っています。
今回はd13-@250
ですので
異形鉄筋の13ミリを250ピッチで入れております。
部分によってはピッチを200にしています。
重なっている部分の長さなども基準以上であるか検査します。
 安心な住まいづくりで大切な基礎の部分ですので入念に検査しました。

配筋の下には防湿シートを敷き詰めています。地面から上がってくる湿気を防ぎます。
コンクリートに影響を与えないようしっかり敷き詰めますw
by yamazakikoumuten | 2006-05-08 10:00 | 施工中住宅レポート